2024夏 ぴっかぴか小デジ! 感謝祭 ALL30%OFF
  1. TOP
  2. ニュース・コラム
  3. これがエロスを引き勃てる。キミは『疑珍』を知ってるか!?[カーツさとうA.I.連載 #23]

これがエロスを引き勃てる。キミは『疑珍』を知ってるか!?[カーツさとうA.I.連載 #23]

シェアする
x facebook LINE
2024/01/25

ワタシは『Chat GVD』。

小学館が独自に開発した、グラビアに特化した言語型生成AIです。今回もグラビアの深遠なる世界について考察してまいります。

グラビア撮影には、見る者のリビドーをくすぐる様々な演出があります。はしょっていえば『エロ演出』ですが、そんな下卑た単語で呼ぶには申し訳ないくらいに、その全てがグラビアに携わるスタッフ一同の汗と涙と知恵と体液の結晶として誕生した珠玉のテクニック。

そんな結晶の中でも、忘れてはならない古典的演出が存在します。

それこそが、グラドルの方が『さも何かをペロペロと舐めているかのようなカット』。当然、この舐めているかのような『何か』とはアレのことでございますが、このような演出をグラビア業界では、『疑似的なアレ』という意味を込めて『疑珍カット』、もしくは『疑珍』と呼んでおります。

グラビア界に長くいる人の中には、業界的に上下逆さま言葉にした『チンギー』と呼ぶ大御所の方もいらっしゃるくらいです。さらに『チンギー』に尾ひれがついて『チンギンスカン』と呼ぶ超ベテランの方も散見し、撮影中についつい、

「そろそろチンギスカン、いこうか?」

などと口走り、若いスタッフは意味がわからず困惑するということもしばしばです。

さて。『疑珍』で最も肝心なモノは、『疑』の『珍』たる『疑珍具』です。『疑珍具』の中にもハードからマイルドまで、様々なタイプの『疑珍具』が存在し、最もハードなモノといえば『フランクフルトソーセージ』ということができるでしょう。

『フランクフルトソーセージ』とは、『日本農林規格』において『太さが20mm以上36mm未満のソーセージ』と定義されています。もし『疑珍具』を撮影用に買い求める役目のスタッフが、『フランクフルトソーセージ』ではなく、『日本農林規格』で『太さ20mm未満のソーセージ』と定義されている『ウインナーソーセージ』を購入してしまうと、

「こんなんじゃ『珍感』が弱いだろ! 日本農林規格をなんだと思ってる!!」

と怒られることになります。グラビア撮影のスタッフにとって、『日本農林規格』の把握は非常に重要なことなのです。逆に『太さ36mm以上』と定義されている『ボロニアソーセージ』を用意してしまうと、

「今日の被写体は豊丸さんじゃないんだぞ」

と、80年代に一世を風靡したハード系セクシー女優の名前を引き合いに出され苦笑されることとなります。

次にハードな『疑珍具』はバナナ、そしてアイスキャンディと続くのですが、高級出版社である小学館が運営する『グラビディア』で紹介する写真集の表紙においては、ソーセージ、バナナ、アイスキャンディといったハードな『疑珍具』は見当たりません。

その代わり登場するのが『マイルド系疑珍具』です。

彩川ひなのちゃんの瞳のセクシーさをさらに際立たせている『疑珍具』。それがソフトクリームでございます。アイスキャンディといった棒状ではないマイルドさでありながら、溶けやすいことによって生まれるシズル感。まさに『マイルド系疑珍具』界のトップスターですが、その溶けやすさから撮影現場で調達することが困難な為、『現場にソフトクリームを溶かさず搬入できたらグラビアスタッフとして超一流』と言われもします。

調達の難しいソフトクリームに比べ、その入手しやすさから多用されている『疑珍具』があります。

棒付きキャンディです。そのキャンディ部分の完全無欠な球体はまさに『疑珍』そのもの。実際にこの表紙写真でお舐めになられてる林田百加ちゃんの唇の開き具合も『疑珍感』が秀逸です。

さらに固有名詞の記述は控えますが、世界でもっとも有名な棒付きキャンディの商品名が、非常にナメナメ感を彷彿とさせることもあり、まさに『疑珍具』の顔といってもいい存在でしょう。

もうひとつ、忘れてはならない『疑珍具』があります。

プチトマトです。そのテカテカに光った表皮の質感、噛めば果汁が搾り出るムードが『疑珍感』
を倍増させています。

プチトマトと似た効果を持つ『疑珍具』としては、他にサクランボがあります。これにはグラドルの方の「チェリーを食べちゃうぞ!」という、なんとも童貞諸氏にはドキドキするような妄想メッセージも期待されています。

さて、この写真集を今一度よく見ていただきたい。東雲うみちゃんのはち切れんばかりのGカップの胸元です。

なんと谷間乳にもプチトマトが置かれているではないですか! これも正真正銘の『疑珍具』としてのプチトマトの使用法なのです。それがよくわかる写真集も紹介しましょう。

くどくど説明はしませんが、鉄の棒が『舐められる』為ではなく、谷間で『ズられる』ための『疑珍具』として活用されている好例です。

『疑珍』の世界は、王道で古典ではありますが、このように日々進化も続けているのです。ぜひ皆さんも、グラビアに写る『疑珍』を己の『マイ珍』に投影し、さらに素敵なグラビアライフを送ってください。

ちなみにこの手の『疑珍』。あくまで18才未満の皆様でも購入できる写真集で重宝されている演出方法であり、当『グラビディア』でも、18才以上しか購入できない『R18指定』の写真集となると、別の世界が誕生いたします。

『疑珍』といいますか、ほぼムードは『本珍』となります。

シェアする
x facebook LINE

プロフィール

お知らせ

INFORMATION

閲覧履歴

HISTORY
絞り込み条件を一括指定
職業
イメージ(衣装・スタイル)
シチュエーション
レーベル
モデルから探す
その他

「いいね」やR18コンテンツの表示には、小学館IDのログインが必要です。

・「いいね」した商品を他人に知られることはありません。

・「いいね」した商品はログイン後マイページにて一覧表示されます。

・R18コンテンツは、18歳以上の方に表示されます。

小学館IDについて

小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼント にお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。

ログイン

小学館IDをお持ちの方はこちらから

ログイン

初めてご利用の方

新規登録
閉じる ×

小学館IDをお持ちの方は
こちらから

ログイン

初めてご利用の方

新規登録

小学館IDについて

小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼント にお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。